見読食遊(みどくたゆう)

期間限定のファストフードを試したり、映画を見たりゲームをしたり、本を読んだりしているブログです。

Hulu「トップオブザレイク」シーズン1全話~6話まで見終わった感想。

スポンサーリンク

Huluでずっと気になっていた「トップ・オブ・ザ・レイク」を全話見ました

どんな話なの?っていうと

ニュージーランド田舎町パラダイス。ある日、大きな湖で自殺を試みた12歳の少女が保護される。
検査の結果、少女の体に新たな命が宿っていたのだった。
警察は性的虐待のエキスパートである女刑事ロビン・グリフィンに捜査を依頼する。
その矢先、家へと帰された少女が失踪してしまう。
その日からロビンの周りで謎の殺人事件が次々と起こるのだった…。

「ピアノ・レッスン」の名匠ジェーン・カンピオンが原案・脚本・監督を務め、「英国王のスピーチ」のスタッフによって制作されたカンピオン初のTVシリーズ。主演の女性捜査官ロビンを演じるのは「ハンドメイズ・テイル/侍女の物語」のエリザベス・モス。

www.happyon.jp

 

いきなりまとめを言っちゃうと、

とても胸くそ悪いドラマ、です

まあある程度ミステリとかサスペンス読んでる人にはなんとなく話が読めるのではないかと思います
特にトリックやアリバイが凝った話でもなくて、主人公の妨害となるのは「田舎町の怠惰な警察」です

1話が1時間近くあって、普通の海外ドラマよりはちょっと長め、、、でも面白いかというと、、、??

別にミステリではない、、、

次々と殺人事件が!と謳われてますが、別に同一犯のものでもなく「ただの事故」だったり「誰がやったのか最後までわからない」とかいうのがあったり

風景の綺麗さや独特の雰囲気はあるんですが、逆に言うとそれ意外に見所があんまりないんですよね
6話しかないのに、1-2話は退屈ですし、3話からは主人公の過去とかが明かされますがこれも胸くそ、、、

それと事件の本質に関係ないものもたくさんあって、これのせいで1話60分近くになってるんじゃないかと、、、本質だけ追えば45分とかで詰められそうですね

次の展開に繋げたいがための意味不明行動

主人公も有能というより「なんでそうなる?」みたいなとこがちょいちょい多いです

失踪した女の子を探してる途中、恋人といきなり仲直りして野外でことに及び始める→それをゲスい賞金稼ぎにスマホでとられる→スマホをとりあげると女の子の姿が!

、、、とか、

あきらかに怪しいと思い始めた上司に大事なことをほいほい話、証人を危機にさらしかねないようなことをしてる

、、、とか、色々げんなりです

これはミステリっていうより、ある種の警鐘というか、男性に対する嫌悪・・・とまではいきませんが、性犯罪の醜さ、残酷さを描いたものなのかなぁと思いました

心構えをしていないとかなりきつい話ですね、、、

主人公の過去の回想シーンとかがかなりきつくて吐きそうになりました

とにかく出てくる男性がみんなダメダメだし、事件に特に関係ない謎の団体とかも男嫌いみたいな人々で、、、

色々な要素が出てくるんですが、別に真相に関係ないし、散々時間掛けて尺取ったわりに解決があっさりというか尻切れとんぼのようでした

ミステリを期待するとかなり肩透かしになると思います

あと性犯罪系に免役がない方はかなりきついと思うので注意したほうがいいですね