見読食遊(みどくたゆう)

期間限定のファストフードを試したり、映画を見たりゲームをしたり、本を読んだりしているブログです。

【huluオススメ】ドラマ「CASTLEキャッスル」シーズン2の22話まで動画サイトで見た

スポンサーリンク

なんだかんだずっと使い続けているhulu・・・

 

もう動画サイトといえばhuluですね
月額1000円ちょいで見放題。とくに海外ドラマを見たい方には最適な動画配信サイトだと思います

で、このたび気になっていたドラマ「キャッスル」が配信されたので見始めたのですが・・・

おもしろい!!!

 

「キャッスル」のあらすじ

推理小説作家のリック・キャッスルは小説を書けば必ず売れるほどの人気作家であるが、自分の成功に飽き飽きしていた。そんなある日、彼の小説を模倣した殺人事件が起こる。事件そのものと、彼に事情聴取を行ったニューヨーク市警の刑事ケイト・ベケットに興味を持ったキャッスルは捜査への協力を申し出る。

(ウィキペディアより引用)

 設定自体はとくに目新しいところもなく、むしろ小説家・・・?という印象だったのですが、、、
同じようなドラマ「メンタリスト」は嘘を見抜く主人公だったのでそれだけで興味がわきましたので、、、

 

いきなり全体の感想

とりあえずhuluでなんか海外ドラマ見たい!って方には「キャッスル」がとてもオススメです
全体的にサクサクでテンポがよく、キャラクターが魅力的で視聴者ストレスが少ないです
音楽なども含めてオシャレで、非常に見やすいと思います

魅力的なキャラクターと楽しい掛け合い

この小説家のキャッスルと女刑事ベケットとの会話、掛け合いがとてもテンポよくて楽しいです
おかげで暗すぎず、さくさくと見れます

「無能」ではない警察

こういうコンサルタント&警察ものだと、だいたい警察側が無能・・・というか、コンサルタントをただたしなめたり否定するだけのことが多いような気がします(「メンタリスト」とかはちょっとその感じがありました。好きなドラマなのですが・・・)

相棒役のベケット刑事はとにかく美人で、ハンサムだったりセクシーだったりする衣装ふくめて目の保養になります!
キャッスルに負けずポンポン言い負かし、ときに部下と一緒になってからかい、翻弄するところがいいです
優秀な刑事という設定がきちんと生きていて、事件が解決するのはキャッスルとベケットの二人の力が合わさっていることが多いです
このあたりのバランスも非常にうまいですね

ストレスのないキャラクター作り

キャッスルはリッチでプレイボーイで自信家なのですが、娘がいて、その娘にべた惚れ
プレイボーイで自信過剰でも、娘ラブなところが変わってて魅力です
その娘も性格がよくて頭のいい子で、父娘の関係は非常に良好です
この仲良しがかわいく、視聴者にストレスを与えません
またキャッスルは小説家なためかあんまり世間ズレしてないというかロマンティストなところがあって、意外に騙されやすかったりからかわれやすい一面ももっています
お祭りも好きで博物館やハイテク機器が好きといった少年っぽい一面も
ここがうまいところ「可愛げのあるキャラクター」になっていて、娘ラブなところもあってとても好印象です

 キャッスル以外にも個性の強い美人刑事ベケットや、頼れる上司であるロイ、ベケットの部下のライアン&エスポジートなども魅力が光っています

ライアン&エスポジートはときにベケットと一緒になってキャッスルをからかいつつ、普段は地道な仕事で捜査をサポートしてます。この地道な仕事が判断材料となって主人公二人が事件を解決に導くのもいいですね

 とてもバランスのいいドラマ

キャラクターが楽しく掛け合いがテンポよい一方で、シリアスなところはしっかりシリアスなのでバランスがいいです
ブログ主は邦画のギャグやコント調のドラマが苦手なのですが、「キャッスル」はとても気持ちよく見られました
同じような方にもオススメできます

シーズン8まであるみたいなので、少しずつ見ていこうと思います

10月現在、huluで配信されています

 

わりとベタ褒め気味なドラマなのですが、一つだけ言うとしたら・・・

邦題が「キャッスル ~ミステリー作家は事件がお好き (ミステリー作家のNY事件簿)」なのですが・・・

サブタイトルがださすぎ、ひどすぎ・・・ミステリー作家のNY事件簿ならまだしも、ミステリー作家は事件がお好きって、いかにもおじさんがつけましたみたいなタイトルでひどすぎる・・・
ドラマのオシャレでテンポのいい内容に合いません