読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

見読食遊(みどくたゆう)

期間限定のファストフードを試したり、映画を見たりゲームをしたり、本を読んだりしているブログです。

ネトゲ(オンラインゲーム)の思い出。無課金プレイヤーとして遊んだ日々と、やめた理由

スポンサーリンク

もう十年前くらいになるのか・・・

Workstation


ネトゲに少しはまっていた時期がありました。

確か、身内と一緒に何気なくはじめたのだったかな~

それまで家庭用ゲームしかやったことがなかったので、人生初のネトゲでした

当時やってたネトゲ一応いまもありますが、明日終わってもおかしくないぐらい過疎になってますね・・・

はじめてのギルド

身内と一緒にクエスト進めてましたが、当時は活発にギルメン募集もやってて・・・なんかギルド入ってみよっかーってことになりました

よさげなところに身内と一緒に入りました

そこではいいギルメンに恵まれて、色々手取足取り教えてもらいました

はじめはチャットに種類があるのもわからなくて、なんでも一般チャットで話しちゃってたのを覚えてますw

(ネトゲのチャット機能には、サーバー全体に聞こえる全体チャット、周囲の人間だけに聞こえる一般?チャット、ギルドだけで聞こえるギルドチャット、特定個人だけに送れるささやきチャット、パーティを組んだ人だけに聞こえるパーティチャット・・・などがあります)

ネトゲははじめてでギルドもはじめてだから、めっちゃ緊張して、ネトゲのノリとかもわかんなくて結構浮いたチャットをしていたと思いますw

 

ギルドVSギルドの団体戦とかも、大きなイベントの一つですごくわくわくして楽しかったです

夜の何時までには食事とかすませて❍❍でスタンバイして!みたいな感じで・・・

まあ、自分は全然勝てなかったんですけどねw

 

ギルメンでダンジョン行って狩りもしました

野良と違って安定するし、経験値もおいしかったですね

 

ギルド内でイベントとかもあって、先輩ギルメンが自腹で賞品を用意してくれたりとかして・・・めっちゃありがたかったです

でも当時の自分はそこらへんのことがよくわかってなくて、不満みたいなものさえ持ってました

先輩ギルメンは運営じゃなくて、ギルドを盛り上げようとしてやってくれたのにアホでしたね・・・

 

ギルドを転々としたり。。。

それでまぁ、慣れてくると不満ばっかり出てくるもので、ギルド内で自分浮いてるわ~とか、相手されてないな~・・・って思うようになってきてしまいましてw

他ギルド入ったり、もとのギルドに戻ったりとわけわからんことばっかしてました

いま思えば、リアルの友人が少なかったのもあってネトゲに逃げていたのかもしれません

自分以外にもギルド抜ける抜けないでもめていた人も居て、当時の自分は結構真剣にその相談に乗ってたりしましたね・・・w

 

少しすると、「これゲームやん」ってなっちゃうんですけどねw

ぶっちゃけ、失うものとかないんですね・・・

ネトゲの人間関係を現実と同じように大事にするかしないかってので結構温度差が生まれるのは事実だと思います

いまはいろんなアニメや漫画でネトゲが現実でも同じ!みたいなのがありますね

 

課金?無課金?

基本プレイ無料のネトゲでは、有料アイテムを買うことで強い装備を手に入れたり便利なアイテムで快適にプレイしたりってことができます

でもよほどのハイレベル以外は、無課金でも普通にプレイできてました

自分がそこそこはまってたのは、それも大きいのかもしれませんね

当時は学生でしたし、お金もなかったので月千円でも課金できないって思ってましたw

 

やめた理由

ネトゲに対してはもともとちょっと危機意識はもってました

ネトゲ廃人という言葉はよく耳にしてましたし、高校のときひ一人、ネトゲにはまって卒業できなかった同級生がマジにいたんです

ネトゲ以外に趣味もあったし、無課金ということでいつでもやめられる状態ではありました

 

身内は先に引退して、自分はダラダラなんとなくやってはいたんですが、何が決定打になったのかっていうと・・・

 

「公式の改悪」でした

 

ダンジョンの敵がいきなり二倍以上の強さになって、適性レベルのPTじゃまともに狩れなくなったんです

取得経験値は上がったけど、それ以上に敵が強くなりすぎた

敵をひきつける壁役の人が壁になれなくて、回復しても足りない

壁が倒れると敵のヘイトは回復役に行って、回復役が追い回されるわけです

回復役はパーティの要ですから他のメンバーが身を呈してでも守ろうとするわけですが、敵が強すぎてあっさり狩られ・・・全滅みたいなことが多発

パーティ組んでダンジョンで狩りするなんてのはネトゲのメインです

クエストはそこまで多くなかったし、まともにレベル上げたいならダンジョンで狩りするしかなかったので

これがまともに成立できないとなると、そりゃ人も離れていきますよね

いまはまた改善されてるみたいですが、あのダンジョン改悪が決定的すぎたなって思います 

ほんとになんで変えたのか謎

 

ダンジョンの敵がいきなり強くなったことで何が起こったか・・・

いわゆる「サブキャラパーティー」のみの狩り場化です

レベルの高いファーストキャラを持ってるプレイヤーさんって、レベルの高いペットと装備を持ってるんですよ

ペットも戦力になるんです

レベルの高いペットは「壁」にも「火力」にもなれるわけで、低レベルのサブキャラにそれを持たして無双するって感じで

この高レベルペットを持った人だけが入れるパーティの募集ばっかりでした

つまりハイレベルキャラ持ってる人のサブじゃないとダメ、っていうので

新規さんとか適性レベルでパーティー組んでもまともにダンジョン狩りができないですからね・・・

こんなんばっかりじゃ、そりゃ新規を自分から締め出してるもんですよね

はじめは盛り上がっていたギルドVSギルドの団体戦もマジに行われなくなり、過疎化はどんどん進んでいきました

 

高レベル帯のダンジョンも、かなりのバフがないとキビシイみたいな仕様になり・・・

特定の職業がまるきりパーティに入れてもらえなかったりしました。はじめはかなり人気の職業だったんですけどね

パーティーに入れてもらえない職業は自分からパーティをつくるか、2垢・・・2PCでサブアカウントのバフキャラもってきたら入れてもらえるみたいなことになってました

 

なのに追加クエストで、いきなりものすごいレベルアップ

高レベル帯のダンジョン追加されると、ボリューム多めの追加クエストもきました

そのクエストは長いですが、とにかくもらえる経験値が膨大で・・・最終的には90が120レベルぐらいになったりするぐらいのものでした

え、それよくね?ってなるかもしれませんが・・・これだけいきなりレベルアップすると装備品やアイテムが全然そろわないんです

そして本来なら90-120ぐらいのあいだにダンジョンへ行ってプレイヤースキルとかも磨くはずだったのを一気にすっとばしてしまって、今度レベリングするにはいきなり難しいダンジョンじゃないといけない。。。

そんな人が集まってもパーティなんて組めたもんじゃない

お金もそこまでたまるもんじゃないし、ダンジョンも行けないしでデメリットのほうが多かった、、、

しかもこのものすごいレベルアップクエストは更に追加が来て、また120から150に一気に行くようなものでした・・・

 

結局、運営がバランス調整で迷走しすぎたんでしょうね・・・

はじめのままでよかったのに、マジ極端な改悪のせいでごっそり人が減ってったなぁという印象です

 

自分も、ここまでいったら未練もすっぱり切れる感じでした

 

気付けばネトゲ内の物価もどんどん上がり、無課金の自分ではあまり楽しめなくなってるなとも思いました

けど無課金だからこそ未練もなくさっくりやめられるということで、すぱっとログインをしなくなりましたね

 

色々あったけれど・・・

いまとなってはいい思い出です

あのネトゲ経験があったからこそ、ネトゲ系の漫画アニメはさっくり理解できて見れたりしています

それとパーティーを自分でつくるときの、どの職業を募集してどの狩り場にするか?みたいなプランニングも結構勉強になりましたwリーダーシップ的なものというか

現実はこれの比ではないと思いますが、、、

 

でも、マジで過疎になったネトゲというのはちょっとせつないですね・・・年かもしれません

 

なんだかんだ、いまは家庭用ゲーム機に戻って来てます

あとはブラウザゲームを少しやるくらいかな

 

今年の夏にはニンテンドースイッチを買う予定です