読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

見読食遊(みどくたゆう)

期間限定のファストフードを試したり、映画を見たりゲームをしたり、本を読んだりしているブログです。

ドラマ「CHASE」9話まで見た感想

スポンサーリンク

ドラマ「CHASE」を見ました。逃亡犯を追う連邦捜査犯チームの話です

連邦保安官アニー・フロスト率いる精鋭チームが、逃亡を続ける囚人や裁判の被告人を逮捕するため、わずかな手がかりを頼りに命がけの追跡劇を繰り広げる。ケリー・ギディッシュ主演。

 ケリー・ギディッシュの顔に惹かれてみはじめました

追走劇なのでアクションたっぷり、テンポよく進む・・・のですが

 

主人公が・・・

美人でタフな女警官で、チームをがんがん引っ張るタイプなのですが・・・

「アンフォゲッタブル」の主人公以上に、無謀で傲慢で呆れてしまうタイプでした。わりと序盤からこうなので、ここがだいぶ好き嫌いがわかれそうなのですね・・・

 

どれくらい傲慢かというと・・・

銃を構えた犯人に、ひとりで突進していきます。仲間の制止も聞かず・・・

それで後で仲間に怒られるのですが、「つかまえたからいいでしょ」「このチームは志願制なんだから私のやり方が気にくわなかったらやめればいい」とまったく反省せず、がんがん前に突っ込んでいきます

まったく仲間の話を聞きません

怒っていた仲間は「お前が無茶したら仲間が援護せざるをえない、仲間も危険にさらすことになるんだぞ」ともっともなことを言ったにもかかわらず、主人公は聞き入れません・・・

自分の命のみならず、仲間の命も危険にさらすという、、、

ここまでくると警察官としての素質そのものに関わってくるんじゃないかって思えてくるほどですね。。。

内容は悪くなくても、この主人公のまったく反省しない無謀さに呆れてしまいました・・・

ここまでひどいと改心するんだろうかと思いましたが、全然違いました

七話の、警察を騙る犯人を追いかける回とか面白かったんですけどね・・・

 

シーズン1までしかないみたいですが、まぁ続かなかったのもわかるかな・・・という感じです