読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

見読食遊(みどくたゆう)

期間限定のファストフードを試したり、映画を見たりゲームをしたり、本を読んだりしているブログです。

キャラ良し&サクサク難易度。和風狩りゲーム「討鬼伝2」(PSVITA版)最初の評価&感想。

スポンサーリンク

なんだかんだ言って、「討鬼伝2」買ってしまいました。(世間ではポケモンgoだというのにw)

PSVITA版のほうです。

発売日にちゃんと届きまして早速プレイしたのでその感想など。

いまは三章に突入したあたりです。

 

私は体験版もやらなかったので「討鬼伝2」に触るのはこれがはじめてです。

そのうえでのファーストインプレッション。

ネタバレ回避気味にいきます。

 

システム面

かなりサクサクで、一番の懸念だった難易度に関してはかなり緩和されてるっぽい。

極での難易度がひどかった=敵が硬すぎた、というのがありますが、今回はストーリーモードに限ってはかなりサクサク。

というよりむしろちょっとぬるめ?

私は下手でスーパープレイなんかまったくできません。

仲間がすごく優秀で、気づいたら全破壊、気づいたら討伐なんてこともありました。「あれっ、もう終わり?」て感じでした。

たとえば隠スタイルの仲間なんか、敵がマガツヒやタマハミになってダメージを与えられるタイミングでしっかり不動金縛りかけてくれたりします。「ナイス!」と思わず声をあげるほど。

薙刀スタイルの仲間も、赤オーラを維持できる程度には強いです。

空スタイルの仲間も、ちゃんと虚空の顎あててくれたりタマフリ短縮効果のために構えてくれたりしてます。

なのでストーリー面で詰むってことはいまのところなく、素材のために周回するのも苦にならないです。ここはかなり好印象。

 

オープンワールド

いまのところ、これは正直「うーん」という感じです。

フィールドが広大で移動速度も速いのですが、移動速度速いだけじゃだるいんですよね。

すぐにスタート地点に戻れるスキップトラベルがありますが、それだけじゃなくてもっとこまめに中継地点まで自由にジャンプできる機能がほしいです。

「鬼の手」でジャンプアクションができるのに、小さな段差につっかかってまごまごしたり遠回りしてると萎えてしまいます・・・。

「鬼の手」関連

フィールドではもう一歩、と思いましたが、バトルではまた別です。

敵をタッチで、つかんで即距離をつめるってやつです。バトルではかなり快適ですね。動き回る敵相手でも、鈍器系がちゃんと戦えるのがいいと思います。

極であった「鬼千切り・極」のかわりに共闘ゲージがたまると鬼の手関連の特別スキルが使えるようになります。演出もなかなかかっこよくて好きです。まだ使いこなせてないので、説明書を見ながら練習中です。

 

素材の入手方法もわかりやすくなってたり、防具が好きに着られるようになってたり。

防具をつくるときに素材が見えますが、その素材がどこから手に入れられるか、下級クエか上級クエなのかも明記されてて親切になりました。

それと防具のスキルが撤廃されたっぽい?ですね。好きに防具着られるようになったみたいでうれしいです。

それにともなってミタマがいっそう重要になってくる感じかな?ニギミタマ、アラミタマとかいうシステムがあって・・・そっちはまだよくわかってないのでもう少し遊んでから感想書きます。いまのところ、そういうのがわかってないし活用しなくても問題ないのでw

ミタマも、ハクをいちいち注ぎ込まなくても装着してれば勝手に成長してくれる感じでサクサクです。

 

セーブも履歴が残るようになった???

一つのプレイヤーデータをつくっても、その中に更に四つぐらい履歴が残ります。

もしセーブし忘れた・・・!となっても四つまでさかのぼれるみたいで大惨事は避けられそうです。

いままでのオートセーブとはちょっと違うのかな?任務終わるごとにセーブとはまた違うのか、はたまたバグなのか、一回任務数回こなしてセーブせずにリセット→数回こなす前にリセット、なんてこともありました。

 

キャラクター、ストーリー面

キャラクターがかなりいい感じ!ストーリーもしっかりめ

前作のキャラが出てきますが、前作をやってなくてもわかる話の内容です。

なので「和風狩りゲーって興味あるんだけど・・・」みたいな方でも、いきなり2から入っても大丈夫そうです。

いまのところ、前作より好印象です。ちゃんとキャラクターがたっており、声優さんも上手いのですんなり受け入れられます。

キャラの立て方も、極のときみたいにかっこいい忍者がただのアホキャラになった・・・みたいなことがないです。

ただ、真鶴というキャラの平常ボイスがちょっと素人っぽくて浮いてる感じがありました。そこまで下手!というわけじゃないんですが、周りが山ちゃんとか遠藤さんなので目立っちゃう感じですね・・・。キャラ自体は割と好きです。

ストーリーの展開が早いのはまぁ仕方ないにしても、サムライと近衛の対立とその原因とかがなかなかしっかりしてていい感じです。先が楽しみですね。

遠藤さんの声もあって、椿ちゃんが結構好きですw男勝りでしっかり者なのですが、ちゃんとかわいさもあっていいですねw

あとは神無。無愛想系かと思いきや、しっかりいいとこもあってかっこいいです。女性の尻に敷かれてる感じがまたいいですねw

「今だけはお前のために戦ってやる」という台詞にぐっときました。

それと、早速前作キャラの初穂と相馬が出てきましたw

 

討鬼伝はキャラクターが立ってますが、某神喰いゲーみたいに「大人プレイヤーにはちょっと厳しい・・・」みたいなキャラ作りになってないのがいいですね。

某神喰いゲーもシステムなどは好きだったんですが、キャラ作りが極端すぎて結局遠のいてしまったということがありました・・・。

 

バグ?

NPCに話しかけようと思っても、位置によってはキャラが見えない・・・てのが結構あります。VITA版だからでしょうか。これはちょっと改善してほしいような。

 

あと進行一のクエスト「遺跡調査安」で、カゼキリしか出現しないバグがありました。

ヒダルとカゼキリを両方とも討伐するクエストですが、正しくは同時出現みたいです。

私は何度やってもカゼキリしか出ず、ヒダルも出現せずに詰む・・・というのがありました。再起動で直りましたが・・・。

 

ファーストインプレッションまとめ。

難易度に関してはいまのところ大丈夫そう。むしろちょいぬるめなので、プロのモノノフさんは不満かもしれない。でも初心者さんにもすすめやすく、普通のファンの方にもオススメできそう。

・キャラクターも魅力的で、システムも全体的に快適。

いまのところ、「買ってよかった」という感じです。

 

またプレイ日記や感想をあげていきたいと思います。

 

※クリアしました。

クリア後ストーリー感想→討鬼伝2ストーリークリア感想。クリア装備など - 見読食遊(みどくたゆう)