読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

見読食遊(みどくたゆう)

期間限定のファストフードを試したり、映画を見たりゲームをしたり、本を読んだりしているブログです。

【感想】「引き寄せの法則 エイブラハムとの対話」(エスター・ヒックス、ジェリー・ヒックス/SBクリエイティブ)

感想 読書-自己啓発系
スポンサーリンク


概要

愛の存在が教えてくれた、3つの宇宙の法則

望まない結果も、実はあなたが引き寄せていた!
ネットで話題の『The Secret』の「引き寄せの法則」のネタ本がついに登場。
3つの宇宙の法則を知れば、あなたは望むように人生を創造できる。
これこそ、人生の究極のマニュアルだ!

◎『ザ・シークレット』のシークレットは、本書にあり!

タイトルから見てわかる通り引き寄せの本。

巷に出回っている本の、大元のジャンルのものかな?
かなり大御所のもののようです。
「エイブラハム」という名のスピリチュアル?な存在が、一人の女性に憑依(?)して、引き寄せの法則について語るというものです。
引き寄せの法則を実践している個人が成功談を語る、というようなのとは違いますね。

 

感想

スピリチュアル(霊のようなもの?)な存在が、人間の体を借りて語り出す…人間が、そのスピリチュアルな存在にアクセスすることを「チャネリング」とかいうらしいです??
ちょっとなじみがないのでわかっていなかったらすみません…。

この説明だけ見ると、怪しい新興宗教だかインチキ的な何かと思ってしまいそうですがw

 

本の内容は普通にまともです。
エイブラハムというスピリチュアルな存在、宇宙を貫く法則…など、現実主義者の方にはちょっと抵抗のあるものも出てきますが、要するに、エイブラハムはものすごく前向きな「人生哲学」を語っています。

 

自分の感情を大事にして、楽しいことや前向きに思える方向へ進んでいく。いやなものには関心を向けないことで、遠ざけることができる…といったような。
他の引き寄せ本の大元になっているだけあって、他の引き寄せ本に書かれていることとそう変わりはないですw
しかし「感情」を判断基準にするっていうのは、社会人になるとなかなか難しいことだったりしますよね。色んな合理的判断が求められますし…。
でもそこで感情で判断していくことによって道が開けていくようになる…てことなのでしょうか。

 

決して押しつけるつもりはないし、考えの違う他人を排除するつもりはない・・・と作中でエイブラハムが言っていて、そこがいいですね。
信じるも信じないもあなたの自由ですよってとこがいいですw

 

それと訳文もしっかりしていて読みやすいです。
わりとコツコツ読み進められましたし、なるほどーと思うところも沢山ありました。
内容が濃いので、引き寄せの法則に興味があって、ちゃんと読みたい…という方にはオススメです。


同じ引き寄せ本に「ザ・シークレット」がありますが、あちらも同じような内容ですが、シークレットのほうはとにかく感情に訴えかけてくる感じです。暑苦しいほどに前向きw

「ザ・シークレット」(ロンダ・バーン) - 見読食遊(みどくたゆう)


エイブラハムの引き寄せ本のほうが、エイブラハムなりの論理をきちんと説明しようとしてくれている感じですw
とにかく元気を出したいときには「ザ・シークレット」、ある程度の理屈がきっちりほしい方にはエイブラハムの本がいいかもしれません。

続編をもう一冊買ってあるので、早速読もうと思います。

※読みました→

【感想】「実践 引き寄せの法則」(エイブラハムの本2冊目) - 見読食遊(みどくたゆう)