見読食遊(みどくたゆう)

期間限定のファストフードを試したり、映画を見たりゲームをしたり、本を読んだりしているブログです。

プリンタインクは、もうだいぶ安い互換インクを使ってる。コスパ最強・・・

プリンターのインクは高い!

 ↑六本入りですが、お値段なんと4329円・・・(2017年4月現在)
一本あたり、700円以上・・・。

 

いきなりですが、プリンターの純正インクは高いです

プリンター本体が安くても、インクで利益を回収するというパターンが多いようで、、、

高い純正インクを買ってもそんなに長持ちしないのが現実・・・

 

じゃあどうするのかというと・・・

「互換インク」買えばいいのでは?

「互換インク」ってなんだというと、プリンターのメーカー以外のところがつくったインク。安い。

たとえばプリンターはキャノンかエプソンの二択だと思いますが、その2社以外がつくったインクってことですね・・・

 色々ありますが、↑だと色も選べて6個で送料込みで888円・・・。

一個あたり140円ぐらい。純正と比べるとどれだけ安いかが一目瞭然ですね

むしろ純正一個分の値段が、6個入り送料込みぐらいの値段になったり・・・

 

「リサイクルインク」とかいうのもある

↑の互換インクを再利用するものらしいです。エコ。

けれども残量表示ができなくなったりという不具合が普通の互換インクより起こりやすくなるらしいです

再利用だからと考えると納得ですが・・・

 

「詰め替えインク」もあるけど・・・

↑アマゾンだと70パーオフで、お値段なんと1600円・・・。

一色あたり300円ちょい。それが五回分だから、カートリッジ一個分に換算すると・・・60円!!?調べた自分も度肝を抜かれる圧倒的な安さ!

 

互換インクとかと違って、空になったカートリッジに自分でインクを注入するっていうやつです。こちらも安いしエコ!

でも!

なにより面倒くさいです!手の汚れる危険性もあるし、↑二つより難易度的には高いと思います

空になったらカートリッジごと交換のほうがだんぜんラクだし安全な気がします

 

ただ中級者以上の方はこっちのほうがいいかもしれませんね。コスパが段違いです

 

互換インクって実際どうなの?

自分はキャノンのプリンタ使ってまして、もうずっと互換インク使ってます

でも残量はきちんと表示されるし、エラー起こしたりすることもなく問題なく使えてます

 

・・・が、一つだけ気をつけたいのは写真とか画像とかをきれいに印刷したい場合。

自分のプリンタできれいに写真とか印刷したい!って方は純正インクのほうが間違いないと思います。写真きれいに印刷する場合は紙とかもいいものを使うでしょうし、そうするとインクもちゃんと純正使った方がよさそうです

 

おもに文書とか、画像をてきとうにそこそこ印刷するみたいな方は互換インク系で大丈夫ではないでしょうか

 

ちなみに100均でもプリンタインクは売っていますが・・・

某ダ❍ソーで買ってみたことがあります。確か200円商品とかでしたでしょうか

キャノンのプリンタで使いましたが・・・まったくダメでした

かすれるしムラが激しいし、調整しようとテストしてるうちにインクがあっという間にきれて、200円を完全に無駄にしました・・・

互換性インクでも、100均よりはネットで買った方がいいと思います

 

結論・・・

初心者、面倒くさがりは「互換インク」を買うといいといいのではないでしょうか

メール便だと送料無料なところも多くて圧倒的に安くすみます

ブログ主が買ったところ↓